今回は最近やっと話題になってきたE-SPORTSに関してのお話です。

話題になってきたとはいえ、まだまだ認知度が低いのが現状です。

E-SPORTSとはなんなのか?

またE-SPORTSに関して私はどのように考えているか?をお話します。

スポンサーリンク







E-SPORTSとは?

まずは、E-SPORTSについてのお話です。

E-SPORTSとは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、電子機器を使用して行う競技やスポーツのことを指します。

わかりやすく言うと、「競技性の高いテレビゲーム」です。

プロゲーマーというE-SPORTSを行うことによって、収入を得る・ゲームをすることが仕事となるような選手もたくさん誕生しています。

たかがゲームに何を言っているんだ?という議論があがることが多いE-SPORTSですが、実際に収益が発生していますし、収入の形態としては他のスポーツ選手と代わらない状態となっているので、社会的に(経済的に)認められている存在となっています。

 

スポーツという表現ってどうなの?

スポーツという表現ですが、実際、日本人は違和感を感じる人も多いと思います。

スポーツとは、「一定のルールに則って勝敗を競う」もので、競技を英語で表現するとスポーツとなります。

スポーツというと、体を動かすものを想像しがちですが、競技性のあるものはスポーツと表現されます。

「競技かるた」も「スポーツかるた」のようなものです。

 

プロゲーマーの収益ってどんなものがあるの?

プロゲーマーの収益は、プロのスポーツ選手とあまり変わりがありません。

スポンサーがついて、企業の宣伝を行ったり(ゲーム用機材など)、単発の広告出演(ターゲットがそのスポーツ観覧していそうな人たちの商品の広告)、プレイの様子を動画で撮ったものを配信することによる収益などがあります。

また、「多くのスポンサーのつく大会で優勝することによって賞金を獲得する」という収入源もあります。

 

実際にE-SPORTSについてどう思うか?

E-SPORTSはスポーツじゃない!というような人たちもいますが、実際に私が思っていることをお話します。

プロのスポーツ選手の収入源は観覧シェアによるもの

プロの世界に好き嫌いなんて関係ありません。

すべては観覧シェアによるもので成り立っています。

サッカー、野球、ポートボールの試合番組が同時間帯で放映していたとします。

ポートボールを見る人なんてごくわずかです。

そしてシェア(視聴率)を多く獲得できるところにスポンサーはつきますし経済効果があがります。

つまりE-SPORTSが普及してきているということは、観覧シェアが上がっているということに過ぎません。

そして、さらにシェアは拡大するでしょう。

 

人間にとって余暇は生きていく上でもっとも大事なことです。

ストレスの解消(あるいはストレスの上書き)に繋がります。

 

E-SPORTSは他のスポーツと比べて、場所を取らず気軽にできる為、余暇の過ごし方として普及することは間違いないです。

ゴルフが廃れてきたというニュースをよく見ますが、「場所が限られる」「行くまでが大変」など、廃れる(代わりが現れる)ことなんて明白です。

E-SPORTSはその分、普及する要素しかありません。

 

実際に競技性はものすごく高い

実際に競技性はものすごく高いです。

現状あるE-SPORTSは、「戦略」「計算」「反射神経」を主に活用するものが多いです。

 

私がやっているゲームを簡単に紹介すると、ある格闘ゲームは、約33600種類(42キャラ*200種の技*発生・ガード・ヒット・カウンターヒットの4パターン)のフレーム数と呼ばれる硬直を覚え、その硬直を活かしながら、バックダッシュガード、右横移動、左横移動、右横歩き、左横歩きや対応する技を選択していく必要があります。

フレームに関しては、0で相打ちとなる為、ガードされて-1Fとなる技をガードされたら、自身が発生10Fの技を最速で繰り出した場合、相手の11Fの技と相打ちになるという仕様です。

また、上記の場合、ガードで-1F→最速10F技を繰り返した場合、相手は発生10F以下の技を出せば、相手が自分にカウンターヒットするというわけですが、その10Fの技が左横移動に弱かった場合、自身がガードさせて左横移動することにより相手の技をかわせて有利を得る事が出来る。

というものです。

つまり、記憶した技のフレームを元に、1秒以下の世界で常に計算と行動パターンを考えるのがこの格闘ゲームです。

また、それらは、己の目で見て判断しなければならない為、何の技かを見極める反射神経と早い計算能力が必要になるわけです。

 

興味のない人にも競技性をわかって頂く為にこのように書かせていただきました。

 

 

ここまで書いて、一番大事なのは、スポーツとしての観覧者のシェアのことです。

スポーツ選手が収入を得るには、そのスポーツを観覧してくれる人の数が多くなることが大事です。

実際に増えてきて経済効果があがっているのであれば、それは、プロの世界ですし、スポーツとなるでしょう。

 

以上が私の考え方でした。