こんにちは!たむけんです。

今回は動物実験が推奨される理由についてお話いたします。

動物愛護を訴えている人が動物実験を反対しています。

それでも動物実験を推奨する理由はなんなのでしょうか?

 

スポンサーリンク







動物実験は人間を守る為に行う

動物実験は何の為に行うのかというと、「人間を守る為」に行われます。

そもそも動物実験はなんの為に行うかというと、

「新しい商品や薬を開発した際に、人体への有害性の有無を確認する為に行う」

という目的や

「新しい成分が人体にどのように効果を与えるかの優位性の確認の為に行う」

などです。

 

基本的には人間を守る為に行われます。

 

また守るのは使用者だけではありません。

商品開発を行っている会社の従業員を守る為でもあります。

市場に出した商品が顧客に健康被害を与えたら会社の損害は計り知れません。

 

すぐになんでも訴えるアメリカでは、金銭的に動物実験を行えない状態で商品を市場に出すときには、「この商品は動物実験を行っていません。動物実験を行っていない為、使用した際に健康的な不具合が出た場合でも保証等は出来ませんので予めご了承下さい」

と表記する事により守る事も出来ますが、

日本では、そうはいかないでしょう。

 

「顧客」と「従業員」を守る為に動物実験は行われます。

 

「自然のものを使えば健康を害さない」という謎の理論を否定する

それでも動物実験を反対する人は「自然のものを使えば健康を害さない」という『謎のオーガニック思考』の人も存在します。

天然由来のものは健康を害さないのか?といえば、そうではありません。

例えば、たばこも毒キノコも天然に存在します。

また、ウルシに関しては、皮膚をかぶれさせる作用があります。

ものによっては、組み合わせによって毒性を持つものもたくさん存在します。

自然のものも毒で溢れているんですよ。

 

動物実験はとても大事だという事がお分かりいただけたでしょうか?

自分の気持ちだけで世の中を変えることは出来ません。

 

ちなみに日本で動物実験に携わっている人は、定期的に供養しにお寺にいきます。