こんにちは!たむけんです!

Ai,IOT,Robotechの普及を目の前にして私達の労働を機械が代わりにやってくれる時代が近づいてきました。

私達の暮らしがどんどん便利になっていきますが、豊かなっていくイメージはわきますか?

どちらかというと職を失う不安がある人が多いのではないでしょうか?

そんな時に私達の暮らしを補償してくれる制度が「ベーシックインカム」です。

では、具体的にベーシックインカムとはどのようなものでしょうか?

 

スポンサーリンク







生きていくのに必要な最低限のお金が支給される

ベーシックインカムは生活の補償の為に支給されます。

その為、生きていくのに必要な最低限のお金が支給される制度です。

日本で行うとしたら、国民1人あたり「5万円~10万円/月」となると思われます。

1人あたりに支給される額になるので、子供のいる世帯はそれだけ恩恵を受ける形になります。

とはいえベーシックインカムだけでは「満足に暮らす」ことは出来ないので、別途で労働が必要になります。

 

メリット

ベーシックインカムのメリットは「働けない」状況になっても問題がない状態となることです。

働けない未来が来るのか?というお話ですが、

例えば

  • 自動運転の技術が長距離ドライバーを必要としなくなる
  • 無人コンビニが店員を必要としなくなる
  • 月々30万円くらいで導入する経理・会計ロボットが10人分の仕事を自動で行う
  • 製造・管理がすべてAiとロボットでまかなえる
  • 裁判の判例を探す為に膨大なデータベースの中から抽出することの出来るAiが弁護士の仕事をなくす
  • 病院にいったら、ウェアラブル端末を身に付けるだけで体の状態を判断し病気の発見を行ってくれる
  • デザインの構成はもっとも訴求力の高い配置をAiが行うためデザイナーを必要としなくなる
  • 地域のビッグデータを利用することにより店舗展開の為の市場調査の必要がなくなる
  • 自動運転の耕耘機、自動運転の田植え機など農業に必要な過程を全てまかなえる(作物の病気の発見も早い)

などなど

人手を必要とする先はどんどん少なくなります。

プログラマーの仕事もAiが行えるようになったら、もはや仕事に対して人間が必要なくなります。

なんだかんだで直ぐそこです。

 

このように「働けなくなる」という未来に対してのメリットが一番大きいです。

 

またベーシックインカムで暮らしを楽にするには、物価や地価の安い地方が恩恵を受ける形になるので、地方都市の経済が豊かになります。

 

また年齢関係なく支給されますので、少子化対策にもなります。

 

デメリットは?

実はデメリットも非常に大きくなります。

ベーシックインカムが支給されると起こってしまうのが、「働けるのに働かない人」が出てきます。

すると「経済成長が鈍足かし経済弱小国となる」という点です。

日本が経済的に弱い国になってしまったら、満足に食材も輸入できず、暮らしていくこともできません。

やはりいつの時代も自給率の低さが日本の弱点にはなりますね。

 

Ai,IoT,Robotechの技術が先進した国が経済的に豊かになっていく国となります。

現状、それらが強い国は、「アメリカ」「中国」になります。

私達も負けていられませんね!