こんにちは!たむけんです。

今回は五月病についてです。

実際、新卒で入社した事が過去がある人は、5月になるに関わらず、5月病を経験した事があるのではないでしょうか?

仕事がツライ…辞めたい…

そんな状態の人は一度この記事をご覧下さい。

 

スポンサーリンク







五月病の原因は「環境変化によるストレス」

五月病の原因は「環境変化によるストレス」が原因として発症します。

状態を病気で当てはめると、「適応障害」や「うつ病」などが当てはまりますが、パニック障害などに陥る可能性もあります。

私自身、パニック障害になった経験がある(完治はしていませんし、しないかも知れません)ので早期の改善をするようにしてください。

パニック障害はとてもツライです。

 

話がそれてしまいましたので、話を戻すと、

「学生」から「社会人」への変化は「学生の時に想像していたよりも遥かに大きい変化」です。

そのギャップはストレスへと変わり、そのストレスは解消しない限り蓄積していき、精神疾患へと繋がります。

 

「環境変化」に対するストレスは、絶対ついて回るものです。

このストレスとはうまく付き合っていかなければなりませんし、社会とは諸行無常であり、変化から一度逃げ出すと、それがクセになり、変化だらけの社会に適応できなくなってしまいます。

その様な人は、転職に転職を重ね、数年経っただけで、逃げなかった人と所得や環境に大きな差異が生まれてしまいます。

 

ストレスの原因は「大変さ」

これは先ほどお話した事と被ってしまいますが、ストレスの原因は「たいへんだなー」と思うものすべてです。

「大変」という字は「大きく変わる」と書きます。

「大変なとき」というものは「大きく変わるとき」を示します。

この「大きく変わるとき」というものは、「環境が大きく変わるとき」というだけではなくて「自分が大きく変わるとき」も含まれます。

 

ポジティブに捉えて視点を変えることで楽になる

「自分が大きく変わるとき」というものは「自身の成長」を表します。

成長は世の中を生き抜く為には必須の過程です。

今、「仕事が出来る上司」や「厳しく指導してくる上司」、「優しく教えてくれる上司」、「理想の先輩社員」も最初は新人の社員でした。

最初は、何もわからず、大変な思いをしながら成長することによって、今のポジションにまで上り詰めました。

誰もが大変な中、自分もいつかは人を育てる先輩や上司になっていきます。

その「成長の為、今の大変を耐え抜く」という気持ちになるだけで、少し、前向きに取組む事が出来る様になります。

 

加えて話をそらして言うなら、「仕事に慣れてきて大変な事がなく余裕ぶっこいてるベテラン社員は、成長していない状態なので、同期や後輩に先を行かれるぞ!」という事です。

結果、永遠に大変な状態から抜け出す事は出来ません。

 

しかし大変のループから抜け出す為だけに、経営者になろう(開業など)はと考えるのは甘すぎます。

なぜならば、労働者や経営者と比べると、「大変の度合いは非常に低い」からです。

経営者は、自身の成長・会社(お店)の成長・従業員の成長を考えた上で、すべての責任がのしかかるので、ものすごいストレスです。

 

話を戻しますが、「大変なのは自分自身の成長の為」というポジティブな思考でまずは五月病を晴らしましょう。

 

続いてはもっと根本の科学的なお話になります。

 

精神疾患の原因は「ホルモンの乱れ」

精神疾患の原因を科学的に考えると「セロトニン」というホルモンの減少が挙げられます。

ホルモンの乱れが精神状態を悪くするのです。

このようなホルモンの乱れは、どのように改善すればいいのでしょうか?

 

バランスのとれた食事を行う

ホルモンの乱れを改善するには、バランスの取れた食事をしましょう。

ホルモンはたんぱく質です。

たんぱく質が不足するとホルモンのほかにも身体にとって重要な器官に栄養がいかない状態になってしまいます。

また他の栄養素もとっても大事です。

暴食にならないように、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルを摂取しましょう。

 

運動を行う

続いては適度に運動を行いましょう。

運動は、体の様々な器官を活性化する事が出来ます。

心臓がよく動き血の巡りがよくなり、成長ホルモンを初めとしたさまざまなホルモンが分泌され、代謝を促進します。

適度な運動を行うことによって健康の増進に繋がります。

運動は、ちゃんとした食事をベースとした上で行わなければ意味がありませんので、必ず食事はバランスよく摂りましょう。

 

アロマなどの香りや自然に触れる

今度は交感神経・副交感神経のお話です。

交感神経と副交感神経のバランスを取るのにセロトニンが利用されます。

これを香りや自然に触れることで交感神経・副交感神経のバランス調整を補助してくれます。

 

 

どうしても「職場環境が合わないな」と感じたら

就職活動とは、自分の「命と人生」を投資する先を決める事

どうしても職場環境が自分に合わないと感じた方は、就職活動の考え方が間違えている可能性があります。

上の記事を転職の際の就職活動に役立てていただけたら幸いです。

 

最後に

この記事は、悩んでいる人に前に進んで頂きたく、書かせていただきました。

人生はロールプレイングゲームのようなものです。

RPGは様々な困難や経験によって成長し、物語を楽しみます。

人生は、自分自身の物語です。

困難に立ち向かい、経験値を獲得し、成長する事によって、より物語を楽しむ事が出来ます。

しかし、逃げ出すループに入ってしまうと、永遠に雑魚モンスターに翻弄されて、苦しむだけでつまらないです。

出来れば、困難を乗り越えることによって、物語を楽しんで欲しいという思いが詰まっています。

 

しかし、精神疾患に関しては、慢性的なストレスだけが原因ではなく、脳自体の機能が低下して、ホルモンをまともに分泌できない状態もありえますし、ストレスの感じ方は人それぞれなんです。

 

どうしても、逃げ出したい

と思ったら、逃げ出すのもありです。

 

人生を棒に振るってまでストレスに耐えようとする必要はありません。

 

戦う気力があるうちは戦って、もう無理だ

となったら、違うゲームを楽しみましょう。

 

自分自身の行く道、自分自身の物語は、

一本道ではなく、多岐に渡った未来があります。

 

どの道を選ぼうが自分自身の物語です。

 

最高に楽しめる

最高に輝かしい

そんな人生を歩みましょう。