こんにちは!タムケンです。

今回は仮想通貨「WAVES」の特徴とDEXの利用方法です。

仮想通貨「WAVES」はbinanceで購入をする事が可能です。

またWAVESプラットフォームはDEX(分散型取引所)にもなっている為、公式のWAVESプラットフォームを利用して購入する事も出来ます。

 

スポンサーリンク







WAVESの特徴

仮想通貨WAVESの特徴をご紹介いたします。

 

エアドロップ機能がある

一つ目の特徴はエアドロップ機能があるという事です。

自分が持っているAirdropを貸し出すことによって、貸し出した量に応じた仮想通貨が定期的に報酬として支払われます。

WAVESを貸し出せば、ただで仮想通貨がもらえるというものです。

とはいえ、1ヶ月で生活できる程度のエアドロップ報酬を受け取るには、約1億円分くらいのWAVESが必要になります。

WAVESはBTC建の価格の上昇・下落があまり起きない仮想通貨なので、持っているBTCをWAVESにしてエアドロップを利用するのもありかもしれませんね。

リスクもあるのであくまで一部でやったほうが良いですが。

 

独自のトークンを作れる

1WAVESの手数料を支払うことによって独自のトークンを作る事が可能です。

実際に簡単に作る事が出来、人に送金したり、WAVESプラットフォーム上で売買が可能です。

ロシアのバーガーキングがWAVESを利用したトークンを利用したポイントを作ったりした事案が有名です。

参考元
https://coinidol.com/burger-king-in-russia-issues-its-own-cryptocurrency/

 

DEXが搭載されている

すでに触れましたが、WAVESプラットフォームはDEX:分散型取引所にもなっています。

取引所のように業者が仮想通貨を管理するわけではなく「ユーザー」が自分の仮想通貨を管理する形になります。

なので、取引所がハッキングされることによる紛失リスクが非常に少ないのが最大の特徴です。

 

WAVESの購入方法

仮想通貨取引所で購入する場合は簡単なバイナンスがオススメです。

バイナンスの利用方法はこちら

今回はWAVESプラットフォームでの購入方法をご紹介します。

 

PCからWAVESプラットフォームを利用する

Google Chromeを利用。

公式サイトWAVESプラットフォームにアクセス。

Download client(Beta)をクリック。

WINかMACか、自分のPCに合わせてクリック。

Google Chromeアプリをダウンロードできたら起動する。

WALLET SEEDとアドレスを記録し、ウォレット名、パスワード、パスワード再入力に必要事項を入力しREGISTERをクリック。

これで登録が完了です。

 

登録が完了したら、アプリ右上に

このようなアイコンがありますが、一番左のアイコンがバックアップに必要なSEED類がありますので、各種コピーをしてください。

 

WAVESプラットフォームのウォレットにBTCやETHを送信したらDEXメニューからWAVESを購入します。

 

DEXのメニューは

左から3番目の矢印のアイコンです。

 

ここからWAVESを購入する事が可能です。

 

また上の画像の右側にBitcoinやEthereumと入力すると、
なんの仮想通貨でWAVESを購入するかを選択できます。

 

また左の欄に「identifier」を入力すると買いたいトークンを購入する事ができます。

 

スマホからWAVESプラットフォームを利用する

スマホから利用する事もできます。

iPhoneアプリWAVESをインストール

PC版と同様の方法でアカウントを作成します。

下のメニューの「Assets」をタップして、上の仮想通貨名をBTCにします(左右の三角ボタンで選択)。

「Receive」をタップするとウォレットのアドレスをコピー(QRコードをタップ)する事ができます。

 

BTCが入金されたら、下部メニュー「DEX」をタップ。

WAVES/BTCというメニューをタップすることによりWAVESの購入が可能です。

 

 

トークン発行中

私が開発中のWEBサービスで利用されるトークンを発行中です。

名前はNiGLANです。

identifierは

「336WDn1CGK4rYM47NJveaD92V2JQkXSgD12ST34Acdo5」

です。

 

PCから購入する場合は、DEXメニューの下の画像左側にidentifierをコピーペーストしていただくことで取引画面になります。

 

スマホから購入する場合は、DEXメニューの右上の「+」マークをタップ。

続いて右上の「…」をタップ。

「Show Unverified Asset」をタップし、検索窓に「NiGLAN」と入力し、出てきた「NiGLAN/BTC」「NiGLAN/ETH」をタップするとDEXに追加されます。

 

NiGLANに関して詳しくは、
http://niglan.com
をご覧ください。

 

今回はWAVESプラットフォームのご紹介でした。