こんにちは!

今回はエイダコインの特徴と将来性に関してまとめてみました。

エイダコインの購入は簡単に購入できるバイナンス (https://www.binance.com/)がオススメです。

 

スポンサーリンク







エイダコインの特徴は

まずはエイダコインの特徴に関してです。

 

カルダノの開発ロードマップに関して

エイダコインの開発の理念は以下の3点です。

コミュニティの成長及びそのニーズに応えること

中本哲史氏のビジョンに沿った堅牢かつ分散されたネットワーク

研究と開発とのペースを釣り合わせることで、商業的優位性を科学的厳密性より優先させない

ここからわかるようにカルダノは仮想通貨としての開発を優先的に行うことと、ホルダー、ユーザーを一番に考えて開発することを行なっています。

 

注目のロードマップ

エイダコインの注目のロードマップは以下の点になります。

 

耐量子コンピューター電子署名方式

ここは仮想通貨業界では一番大きな注目のロードマップです。

「量子コンピューターの普及がビットコインの時代を終わらせる」というお話は、有名ですが、エイダコインは量子コンピューターが普及しても問題なく運用可能な仮想通貨を目指しています。

現状の仮想通貨の中でも数少ない技術のひとつです。

そもそも量子コンピューターは現状のコンピューターと構造が違うので、互換性がなく、普及はまだまだ現実的ではありませんが、計算量の違いから普及が起こらなくは無いとは思われます。

そうなった際の将来性の強さはとても強いものだと思われます。

 

カルダノデビットカード

コチラは完全に仮想通貨の通貨としての革命です。

詳しい詳細はまだ発表されていませんが、
公式ウォレット「ダイダロスウォレット」にADAコインを入れておくことにより、デビットカードを利用して買い物をした際、ダイダロスウォレットから同一価値の数量のADAコインが消費され支払いに使われると予想されています。

これは、カルダノの普及するどこの国に行っても使えるようになるので、例えば日本円をアメリカドルに替えてアメリカに行く必要が無くなります。

また、同様のことはクレジットカードでも出来ますが、紛失した時のリスクは青天井です。

ダイダロスウォレットは必要な分のADAコインを分けて管理出来るのも特徴なので、「海外に行く時のデビットカードのリンクは〇〇ADA分入ったウォレットとリンクさせる」というように利便性を確保しながらリスクを最小限にすることが可能で、手数料も安いものになると思われます。

 

LEDGERウォレット

基本的にADAは今までダイダロスウォレットというネットワークに接続する事で利用できるウォレットでADAを保管していました。

LEDGERという有名な仮想通貨をオフラインで保管するハードウエアウォレットに対応予定とのことです。

ダイダロスウォレットでもかなり安全性の高いウォレットでしたが、さらに強固な保管方法が登場します。

 

スマートコントラクトに対応予定

スマートコントラクトとは決済と契約(記録)を同時に行なえる画期的な機能です。

さまざまなロードマップの中でもこのスマートコントラクトはとても期待度の高い機能になります。

 

エイダコインの将来性に関して

エイダコインの将来性に関してです。

上で述べた特徴の2つが強い将来性を秘めていると思います。

現状、量子コンピューターの対策とデビットカードで日々の買い物に利用できるという点は強い将来性となります。

また、2018年になって海外の有名な格付け機関2つが仮想通貨の格付けを行いましたが、エイダコインはそれぞれ「2位」「1位」と最上位レベルの評価となりました。

単純に仮想通貨はどれだけのシェアを獲得できるかで普及度は変わりますので格付けの評価は非常に大きいものと言えます。

また法定通貨の信用性の低いアフリカ諸国での決済などでの導入が2018年より進みはじめています。

発展途上国にとっては仮想通貨は画期的な決済方法で普及がまた爆発的に進むでしょう。

 

エイダコインの購入方法

エイダコインは現状、国内の取引所ではまだ扱っていないので、海外の取引所での購入が必要になります。

大手の取引所でいうと「Binance」「Bittrex」の2社がありますが、

「Bittrex」は出金にパスポートでの本人確認が必要になるので、気軽に始めるなら「Binance」がオススメです。

バイナンス に関しては下のリンクをクリック!

Binance(バイナンス)の登録方法~2018年最新版~

 

以上、エイダコインのご紹介でした!