ビジネス

ジョブズ「点と点が繋がる」という話を勘違いしている人が多い?

ジョブズの「点と点が繋がった」というお話は有名だと思います。

ですが、実際にあのスタンフォード大学の卒業式のスピーチを聞いていない人が勘違いして使っていることが多い気がして…

なんかそれが気持ち悪いというか、「意識高い」なだけで中身空っぽだなと思ってしまうことが多いので、そんな人の手助けになればいいと思い、このブログを書きます。

ジョブズのスピーチ聞いたことない
意味はよくわかっていないけど、それっぽいから使っている

そんな方はぜひご覧ください。

ジョブズのイラスト描いてみようと思って描いたけど、ヒゲってどう表現すればええのですか?

 

Connecting the dots(点を繋ぐ)

ジョブズにスピーチで有名な内容の一つで「Connecting the dots」というものがあります。

その内容を以下に記します。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something…
your gut, destiny, life, karma, whatever
Because the believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart.
Even it leads you off the well-worn path. And that will make all the difference.

日本語訳が以下のものになります。

将来を見据えて、点と点を繋ぐことはできません。後から振り返った時にのみ、点と点が繋がっていることに気付きます。
そのため、あなたはとにかく将来的に点と点が結びつくと信じなければなりません。
それが何であれ、信じる必要があります。自分の直感や運命、人生、カルマ、何であってもです。
なぜならば、点と点が将来結びつくことで道を切り開くと信じることは、自分の心に従う自信をあなたに与えるためです。
たとえそのせいで、あなたが多くの人が通るレールから外れるとしても、それこそが大きな違いをもたらします。

点と点が繋がるかどうかなんてわからない

点と点が繋がるかは、現在から未来に向けて予想することができません。

そのため、何かを議論する時に、点と点を繋げる事を目的とした議論はナンセンスです。

自分でビジネスをするために多方面の努力をしてきた人でないと分かり得ない事が「Connecting the dots」です。

会社の中に関係ある事でしか、習得・努力してこなかった人には、点と点が繋がる感動を覚えることは少ないです。

しかし、人生を豊かにするには、「Connecting the dots」は必須だと思います。

様々なことに目を向けて、様々なことで全力で努力することが成功の秘訣

多くの人が、成功をするための近道を探しがちです。

ですが、近道は存在しませんし、近道を使ったところで、成功するのが、一時だけで、時間や文化、時代の流れですぐにその成功を失ってしまうことが多いです。

答えを求めずに、様々なことに目を向けて様々なことで全力で努力することが成功の秘訣と言えるでしょう。

私も現在は、WEB制作などで生活していますが、WEB制作をやろうと思って学んだわけではなく、いろいろなものに触れている内に、いつの間にかここにたどり着いた状況です。

人生の成功の秘訣

近道はない。いろいろなことに目を向けて全力で取り組んだ人のみ成功を掴める。

と私は思っています。

人気記事

オススメのカメラ 1

今回は、初心者向けにカメラのオススメ機種をご紹介します。 これからカメラの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。 目次1 【初心者向け】一眼レフ・ミラーレスカメラのメーカー別オススメ機種 ...

必要なアイテム 2

必要不可欠なアイテム、あると便利なアイテムをご紹介します。 一眼レフ・ミラーレスカメラを買ったけど、他に必要なものは何? カメラ売り場っていろいろ売っているけどわけがわからない… という初心者の方に向 ...

3

まだ炭酸水買ってるの? 今回は、お家で炭酸水が作れるソーダストリームのご紹介です。 お家で炭酸水を作って節約しましょう。 目次1 ソーダストリームとは?1.1 炭酸水の作り方1.2 圧倒的なコストパフ ...

-ビジネス

© 2020 タムケンブログ