こんにちは!タムケンです!

今回はマーケティングの4Pに関しての内容です。

4Pを考えることによって、ターゲットの購入にいたるまでの道筋を具体的に立てることができます。

4Pとはそれぞれ

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(プロモーション)

を指します。

 

スポンサーリンク







Product(製品)

製品開発の部分になります。

ターゲットの設定、ターゲットへの訴求となる商品の特徴・ベネフィットを考えます。

既存の商品も売り方やセットの作り方だけで違う商品となります。

 

Price(価格)

プロダクトに対しての価格設定となります。

必要経費から仮定の価格で損益分岐点を出し適切な価格にする必要があること、競合となる会社の価格と比較することが必要になります。

プロダクトのクオリティを上げることにより価格は高くてもヒットする商品も多く存在します。

 

Place(流通)

販路の設定となります。どこで販売を行うのかになります。

コンビニエンスストア・スーパー・百貨店・雑貨・個人商店・インターネット様々な売り場がありますが、こちらもターゲットに沿ったPlaceの設定が必要になります。

 

Promotion(プロモーション)

どのようにターゲットに訴求するかの選択です。

お客様の情報取得経路のジャンルが多岐にわたる現代ではこちらにかける時間比重が多くなりました。

インターネットによる訴求、SNSによる訴求、TVCMによる訴求、折込チラシによる訴求などなど

手法が多岐にわたります。

ターゲットの年代、性別、性格・性質などにより訴求するポイントが変わってきます。

 

以上がマーケティング4Pとなります。

新しい商品の開発を行う上での必要なマーケティングです。