こんにちは!たむけんです!

日本は世界の先進国の中で一番キャッシュレス化で遅れをとっています。

いわば日本はキャッシュレス化の発展途上国、後進国なんです。

なぜ日本でキャッシュレス化が進まないのでしょうか?

 

スポンサーリンク







世界のキャッシュレス状況

日本を見る前に、世界のキャッシュレスの状況はどのようになっているのでしょうか?

 

QRコード決済を中心とする日常生活~中国~

中国はアリペイを中心としてスマホでの電子決済が中心となっています。

キャッシュレスが進む事により、レジでの生産性が上がるだけでなく、無人商店(コンビニ)が出来ています。

新しい経済形態も進み、仮想通貨の規制が入る前までは、中国が中心となって仮想通貨を持っていました。

新しいものにどんどん食いつく姿勢は経済の発展に繋がります。

もちろん暮らしも便利になり、スマホだけで決済ができるので現金を持ち歩く必要がありません。

すべてが帳簿になるので、家計簿を付ける必要もなく、現金管理が非常に楽になります。

 

現金お断り!!~スウェーデン~

実際に現金お断りの商店があるのがスウェーデンです。

スウェーデンは世界で一番キャッシュレス化が進み、現金の使用率は2%未満といわれています。

そのような国で、現金を貰ったところで困るので「現金お断り」な店があるのも納得です。

 

キャッシュレスはメリットだらけ

キャッシュレスは実際メリットだらけです。

  • レジで並ぶ必要がなくなる
  • 現金輸送のコストがなくなる
  • 現金を狙った犯罪がなくなる
  • 取引がすべて履歴として残る
  • お金を扱うコストがなくなる

などなどです。

全てにおいて金銭的余裕を生む事が出来る様になるのがキャッシュレス化です。

そんな中、日本はなぜキャッシュレス化が進まないのでしょうか?

 

日本でキャッシュレス化が進まない理由

世界的にキャッシュレス化が進む中、日本はなぜキャッシュレス化が進まないのでしょうか?

 

主要なツールが誕生していない

まず一番の理由は、主要なツールが誕生していないという点です。

すべてのPOSシステムに対応する主要な決済ツールが日本には存在しません。

またそれぞれのグループなどの派閥により決済ツールがばらばらになっているのも事実です。

先日やっと大手銀行がキャッシュレスツールを開発を発表しましたが、正直遅いですし、多岐にわたったポイントシステムも連携するとなると、壁はかなり大きいです。

 

脱税している会社や個人商店が一切脱税できなくなる

なにげにこれも大きい要因です。

日本は税金が非常に高いと思います。

ゆえに個人商店(特に飲食店)なんかは、クレジットカード決済すら出来ないところもある現状です。

理由は、恐らく脱税です。

「お店の売上で飲みに行くぞー」なんて人もいるようです。

脱税はダメですね…

 

日本人の気質によるもの

日本人の気質による影響でキャッシュレス化が進まないのも現状です。

現金至上主義者や小さいデメリットがものすごく気になる人、周りが使っていないという理由でなかなか踏み出せない人など

日本人の気質がキャッシュレス化を鈍足にしているという理由もあります。

 

キャッシュレス化を普及させるには

キャッシュレス化は単純に経済効果を上げることに繋がります。

以下のことを行えばキャッシュレス化が進むのではないのでしょうか?

 

キャッシュレス減税

キャッシュレスシステムを導入している会社や個人事業主に減税制度を設けるということです。

これが実現すれば、税金の徴収漏れも無くなり逆に税収が上がるのではないのでしょうか?

 

 

日本でも便利なキャッシュレス化が普及するといいですね。