今回は、「詐欺被害に遭いやすい人」「洗脳されやすい人」の3つの特徴です。

どれかひとつでも当てはまったら「自分は詐欺被害に遭うのではないのか?」「洗脳されるのではないか?」と認識し生活を行う必要があります。

それでは、その特徴はどのようなものなのでしょうか?

 

選択肢や行く末の判断を自己で下せない人

まずは選択肢や行く末の判断を自己で下せない人です。

AかBか?という判断や、どのように考えるべきか?を自分自身で判断できなかったり、考えなかったりする人は「詐欺被害に遭いやすい・洗脳されやすい」という人です。

普段仲間内でどこかに遊びに行く際に、行き先の判断を他人任せにしてしまう傾向のある方などは要注意です!

身近な出来事に置き換えた時に、少しでもその傾向があるという方は注意ですよ!

 

影響を受けやすい人

影響を受けやすい人は詐欺被害に遭いやすい・洗脳されやすい人です。

他人の意見に対して影響を受けやすい人やその時の周りの雰囲気に影響を受けやすい人など、

さまざまな要素に影響を受けやすい人は危険です。

例えば、テレビ番組でちょっと良い話にすぐ感動してしまったり、周りで流行しているからというだけで自分も好きになってしまったり、本来の自分の意思ではなく周りの影響で物事を行う事がある人は注意が必要になります。

 

頭が悪い人

最後に頭が悪い人です。

特に理数系の論理的に物事を考える分野が苦手な人は騙されやすいです。

物事を論理的に考えることが出来ないと、相手の話の内容に対するデメリットやリスクにまで意識が向かないのです。

物事に対して表裏を考えることを日常的に行っていない人は騙されやすいです。

返事を書く

コメントを入力して下さい
名前を入力して下さい

CAPTCHA