こんにちは。たむけんです。

今回はSNSとブログのプロモーションにおける比較となります。

販促手段としてただ闇雲にSNSやブログを活用しても多くの場合は時間の無駄になります。

では、どちらの手段に注力して販促活動を行えば良いのでしょうか?

 

まずは「ブログ」と「SNS」の特徴を知る

まず最初にそれぞれの特徴はどのような物でしょうか?

 

ブログの特徴

ブログでの集客・販促活動には大きな知識が必要ですが、まったく繋がりの無い人に情報を伝える事が可能です。

またソーシャルボタンの設置も可能で、SNSへの情報の拡散性も高いものになります。

そして何より、見出しのデザイン、画像の挿入によって「長文でも読んでもらえる」という特徴が格段に販促力を高くします。

しかし、やはりネックになる部分は十分なトラフィックを得るまでの時間が掛かるという点知識が必要になるという点基本的にお金が掛かるという点です。

話はそれますが、無料のブログで販促活動を行っている人はやめたほうが良いです。

「SEOに弱くブログに訪れてくれる人が少ない」という点と「そもそも商用利用が禁止のブログサービスが多い」からです。

商用で販促を行う為にブログを行う場合はSEOに強いWordPressで行いましょう。

 

SNSの特徴

SNSの特徴はユーザーとのコミュニケーションを図れるという点情報拡散までの敷居が低いという点です。

なにより、無料で気軽に運用出来て、文章の内容もあまり考えて無くても良いリアクションをもらえる事が多いです。

デメリットとしてはそもそも知名度の低い人がやってもSNS上での繋がりがもてないという点販促したい商品購入に結びつくコンバージョン率が非常に低いという点です。

 

続いてどんな人が「ブログ」「SNS」を見るのか?

続いてユーザーの観覧動機です。

「ブログ」を見る人

ブログを見る人は「ブログの内容に興味があって見る」のです。

ここで言うブログは販促活動用のブログなので、「日記」のような内容ではなく「記事」を指しています。

ユーザーが自身の調べたいワードを検索エンジンを利用してたどり着くのがブログです。

 

「SNS」を見る人

SNSを見る人は「発信している人や企業に興味があって見る」のです。

自分の好きなブランドや自分の好きな人が発信する投稿をいち早くチェックする為に見ます。

情報の拡散が生まれるのは、その人、ブランドが好きで人にオススメしたいという気持ちから一歩目の拡散が生まれます。

 

 

こんな人はブログに力を入れるべき

ブログでの集客は、上でも説明したとおり、母体を作るまでに時間がかかり、知識が必要で、多少のお金もかかりますが、知名度が無くても大きなアクセス数を得る事が可能です。

なので、知名度の無い個人や知名度の無い企業はブログに力を入れるべきです。

私自身も知名度は非常に少なく(まったく無い)Twitterのフォロワーもものすごく少ないです。

しかし私のブログは、このブログを含めた私が運営する全サイトを合計すると月々50万件のPVがあります。

無名の私が月々50万件も観覧して頂くにはブログでの運用が必須でした。

私のように無名な人はブログに力を入れて、SNSは更新を知らせるくらいに使用するのが最適です。

 

このような人はSNSに力を入れるべき

SNSに力を入れるべき人は、知名度のある人、ブランド力のある人です。

ユーザーはファンです。

ファンとの密接な交流は購買点数を高めることが出来ます。

また広告に費用をかける事をしなくてもファンが拡散してくれるので少ない手間と少ない費用で大きな付加価値を生み出します。

このような人は、簡単なランディングページを1枚作成しSNSでの発信が適しています。

 

自分はどのようなタイプなのかをよく見極めて発信手法を選びましょう。

返事を書く

コメントを入力して下さい
名前を入力して下さい

CAPTCHA