こんにちは!たむけんです。

今回はニュースで話題の「働き方改革」の裁量労働制に関してです。

 

裁量労働制って何?

裁量労働制とは、すごく簡単に言うと時間の縛りのない働き方で、出社時間、退社時間の決まりがなく労働者の自由な時間配分で働く事ができる制度です。

企業が労働者に対しての時間配分・管理を行わないものになる為、一見自由度は高そうですが、「この時間帯にしなければならない業務がある」など実際は時間に大きく縛られることが多いのも現状です。→労働なので当たり前ですが。

また完全に自由となると労働者を守ることが出来なくなるので、「みなし労働時間」という目安となる労働時間が設定され、みなし労働時間より短い時間で帰宅する事が可能で、みなし労働時間より多く働いたら「残業代が発生します」

現在、裁量労働制が導入されている業種は、時間による縛りがあると生産性がダウンしてしまう業種に適用許可がされている状態です。

 

 

現在政府が検討している「裁量労働制の営業職への拡大」

現在、政府が検討している裁量労働制の件は、営業職への適用を目指しているんです。

個人的には、営業職に裁量労働制を導入したら、『大きな働き方改革』となり、『生産性が増し』『労働時間の削減』に繋がると考えています。

働き方改革と技術革新が営業職を消し去る日が来るのか?

こちらのリンクでもお話しましたが、単純に労働時間を削減したり、残業を削減していくものは営業職には合いません。

 

また現状の営業職では小さい会社ほど、一人当たりの生み出す価値が大きく、またノルマをある程度達成したら、「ゲームセンター」や「パチンコ」で外回りをしているふりをして、さぼっているサボリーマンが多いのも現状です。

 

この現状は良いものではなく、自分の納得いく成果を出したら、時間をばれないように潰すのは無駄でしかないです。

お家帰るということの選択肢を可能にするのが裁量労働制かと思います。

 

成果を上げていない人の肩身が狭くなるというデメリットを叫ぶ人もいらっしゃるとは思いますが、現状の働き方でも肩身は十分狭いので変わらないです。

営業成績を出せない人は、必死こいて結果を取りにいかなければならないのが、現実です。

会社は労働者の保護者(パパ、ママ的な)ではないですから。

こうやって働く時間あたりの生産性を上げたり労働時間を削減することは、また、政府が実現させたい働き方改革の副業推進にも繋がります。

 

裁量労働制の範囲はもっと広げたほうが良いと思うたむけんでした。

返事を書く

コメントを入力して下さい
名前を入力して下さい

CAPTCHA